新築1000万円を可能にするノウハウ

ピックアップコンテンツ

埼玉の地盤が1000万住宅を可能にする

埼玉の住宅地は、地盤のしっかりした台地の上に形成された場所が多く、そのため地震時の揺れは、他の軟弱地盤に比べて少なくて済みます。同じ震度であっても、強固な地盤と軟弱な地盤では、建物倒壊などの被害状況が大きく異なってくることが、一般に知られています。

埼玉は耐震面から言っても、住宅を建てるのに向くエリアであるといえます。このことは、住宅建設にまつわるコストとも、大きく関係してきます。たとえば軟弱な地盤では、木造住宅のような比較的重量の軽い建物を作るに際しても、基礎にくいを打たなくてはならないことが珍しくありません。

また、液状化が予測される地域では、建物の工事以前に、地盤そのものの改良工事が必要になってきます。そして、それは全て建設コストに跳ね返ることになります。こうした建物本体とは別の部分にコストがかかれば、住宅の値段は簡単に1,000万を越えてしまいます。

冒頭述べましたように、埼玉では地盤がしっかりしている住宅地が多いために、地盤改良に多額の費用を持っていかれるリスクが小さくて済みます。その分を住宅本体に回せますので、埼玉では1,000万あれば、夢のマイホームを手に入れられる可能性が高いのです。

埼玉で1000万の家を建てる時の業者選び

最近では、安くマイホームを建てる事が出来るので、若い世代の家族でも、賃貸ではなく家を購入する傾向にあります。中でも埼玉では、1000万円で家を建てられるので、購入するには良い地域と言えます。埼玉には、安く家を建てる業者が多くあり、チェーン展開している業者や個人業者など様々です。工務店の中には、800万円台後半でも家が建てられる所があり、埼玉で1000万円の家を建てる時には、業者選びが大切なポイントになります。

業者選びの時には、新築を専門に取り扱っている所が理想的です。その理由には、1000万円台で家を建てるには、それなりの蓄積されたノウハウが大切になるので、新築に特化した業者なら安くても、しっかりとした家造りが期待出来ます。

リフォームや中古販売などを兼業している工務店の場合、新築専門の業者より新しい家造りに対するノウハウが浅い可能性があります。例外もあるので、一概には言えない点はありますが、長く住む家だけに信頼ができ技術力の高い業者を選ぶ事が重要です。

web上に、埼玉で1000万円の家が建つ業者を比較したサイトがあるので、業者の評判や実績などを見て参考にするのがおすすめです。業者の中には、実際に家を建てた人の声や建てた家を掲載している所もあるので、業者の中身を知るには良い方法です。

地域密着経営により、住宅価格に含まれる運搬費を大幅削減し価格に反映しています。建てる前に耐震性能が3Dシミュレーションできる、ポラス独自の「ウッド・イノベーター」で家作りをします。構造計算を徹底して行うことにより、地震に強く倒壊しないポラスの家づくりができています。全ての工程を自社で行っているため、中間マージンがかからず価格に反映できます。1000万円台の家を埼玉に建てるなら北辰工務店へ

記事一覧

2017/08/23
良質なハウスメーカーの存在を更新しました。
2017/08/23
予算を取るかオプションを取るかを更新しました。
2017/08/23
低コストでもデザインハウスは可能を更新しました。
2017/08/23
埼玉で掴む夢のマイホームを更新しました。